バイアグラとタダリスSXの違いは何か

バイアグラとタダリスSXはどちらもED治療に対して有効な治療薬ですが、その効果については全く同じという訳では無いです。
バイアグラの有効成分はシルデナフィルであり、薬の効き目は空腹時で30分程度で現れるので、大体性行為を行う前の1時間程度前に服用すべきであり、持続時間については5時間程度が目安となっています。
副作用の心配については正しく使用する分にはほとんど無いと言っても良いのですが、服用する際には食事の影響を受けやすいという事に気をつける必要があります。
食事の中に含まれている脂質がバイアグラの吸収を阻害しやすく、食事をした後に服用すると効果が半減してしまうのです。
だからこそバイアグラを服用する場合は食事の影響を受けにくい状態である事が大切なのです。
一方、タダリスSXというのは有効成分はタダラフィルです。
多少ED治療薬について知識がある人であればこの成分が含まれているED治療薬としては別の有名なED治療薬の名前を想像するかもしれないですが、それも無理の無い事でありタダリスSXはジェネリック医薬品だから同じ成分を用いて後から開発されたものとなっています。
ジェネリックであるからこそ価格が安いという事が挙げられ、その他の特徴については先発薬と同じです。
バイアグラとの違いについて述べると、先ほどバイアグラは食事の影響を受けやすいと述べましたが、それと比べると影響を受けにくいのであまり食事に対して気をつける必要が無いという事が挙げられます。
ただ、それよりも大きな特徴としては持続時間が長いという事であり、バイアグラは5時間程度であるのに対しタダリスSXならば最長で36時間程度の効果が期待できるのです。

ページトップへ